《「みぞはぎ」とも》ミソハギ科の多年草。山野の湿地に群生し、高さ約1メートル。茎は直立し、葉は広披針形で先がとがり、対生する。8、9月ごろ、紅紫色の小花を穂状につける。全草を干して下痢止めの薬とし、また、盂蘭盆会 (うらぼんえ) に盆花とする。千屈菜。精霊花 (しょうりょうばな) 。みずかけぐさ。 秋》