• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 棒状の物の盛り上がった部分。

    1. ㋐竹・葦 (あし) などの茎にあるふくれた区切り。

    2. ㋑幹や茎から枝が出るところ。また、木材に残る枝の出たあと。「節のある板」

    3. ㋒骨のつなぎ目。関節。「指の節」

    4. ㋓糸や縄のこぶ状になった所。「節の多い糸」

  1. 区切りとなる箇所。段落。せつ。「これを人生の節としよう」

  1. 心のとまるところ。…と思われる点。「疑わしい節が二、三ある」

  1. 機会。おり。おりふし。「何かの節に思い出す」

    1. ㋐歌などの旋律。また、旋律のひとくぎり。曲節。「節をつけて歌う」「出だしの節を口ずさむ」

    2. ㋑文章を音読するときの抑揚。「節をつけて朗読する」

    3. ㋒(ふつう「フシ」と書く)浄瑠璃や謡曲などの語り物で、詞 (ことば) に対する旋律的な部分。

  1. その人独特の語り口。演説や講演にいう。

  1. 鰹 (かつお) 節」「鯖 (さば) 節」などの略。

  1. 定常波で、ほとんど振動していない部分。振幅が最小の点。⇔

  1. なんくせ。言いがかり。

    1. 「喧嘩に―はなくてめでたし」〈滑・膝栗毛・四〉