• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

精衛填海の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人ができそうもないことを企てて、結局それが無駄に終わること。また、いつまでも悔やみ続けること。▽「精衛」は、古代炎帝えんていの娘が溺死できしして変身したという小鳥の名。「填海」は海をうずめる意。意志の強固なことにも用いる。「精衛せいえいうみを填うずむ」と訓読する。
出典
『山海経せんがいきょう』北山経ほくざんきょう
類語
填海之志てんかいのこころざし
故事
中国古代の伝説上の皇帝炎帝の娘、女娃じょあが東海で溺おぼれて死んでしまった。その女娃は精衛という名の小鳥に変身して、常に西山の小石や小枝をくわえては、自分の溺れた東海をうずめようとしたが、とうとうその効果はなかったという伝説から。