• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蔵頭露尾の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分では完全にかくれて人に見えないようにしているつもりでも、証拠や弱点などが気付かぬうちに外にあらわれてしまっていること。頭かくして尻かくさず。
注記
「蔵」は、隠す。「頭あたまを蔵かくして尾を露あらわす」と読み下す。
出典
『児女英雄伝じじょえいゆうでん』四〇
用例
東のは蔵頭露尾の醜を笑ひ、西のは商估の道、気を伏せ心を寛うすべきを云へるなり。西の諺教へ得て甚だ好し。〈幸田露伴・東西伊呂波短歌評釈〉