薄志弱行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意志が弱く、決断力に欠けること。▽「薄志」は意志が薄弱である意。「弱行」は決断力や実行力の乏しいこと。
句例
薄志弱行の人々
用例
何度も思案しながら、早引けして家に帰ることを思いきってなし得なかった自分の薄志弱行を、舌がねじれるほど後悔した。<石坂洋次郎・若い人>
類語
意志薄弱いしはくじゃく 優柔不断ゆうじゅうふだん

薄志弱行の解説 - 学研 四字熟語辞典

意志の強さ、積極性に欠け、決断力・実行力に乏しいこと。
注記
「志」は、意志。「行」は、物事を断行する気力や実行力。
用例
手紙の内容は簡単でした。そうして寧むしろ抽象的でした。自分は薄志弱行で到底行先の望みがないから、自殺するというだけなのです。〈夏目漱石・こころ〉
類語
意志薄弱いしはくじゃく 優柔不断ゆうじゅうふだん
対義語
進取果敢しんしゅかかん

薄志弱行の解説 - 小学館 大辞泉

意志が弱く、実行力に乏しいこと。

キーワード[意志]の四字熟語

出典:青空文庫

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。