• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

豁然大悟の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

疑い迷っていたことが、からっと開け解けて真理を悟ること。▽「豁然」は、からっと開けるさま。「大悟」は大いに悟る、真理を悟ること。「豁然」は仏教用法のとき「かつねん」とも読む。「大」は「だい」とも読む。
出典
『祖庭事苑そていじえん
用例
赤裸々の主体に立戻らせ、豁然大悟の底から再び世間にもどって国事を処理するというように導かねばならぬ。<唐木順三・日本人の心の歴史>
類語
豁然開悟かつねんかいご 豁然頓悟かつねんとんご
活用形
〈―スル〉

豁然大悟の解説 - 学研 四字熟語辞典

迷いや疑いがからっと解けて、真理を悟ること。
注記
「豁然」は、からっと開けるさま、意識や気分などが急にはっきりするさま。「かつねん」とも読む。「大悟」は、大いに悟ること、真理を悟ること。「大悟」は、「だいご」とも読む。もとは仏教のことば。
表記
「豁然」を「割然」と書きちがえない。
出典
『祖庭事苑そていじえん

キーワード[悟り]の四字熟語