• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謹厳実直の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

きわめて慎み深く、まじめで正直なさま。▽「謹厳」は慎み深く厳格なこと。「実直」はまじめで正直なさま。
句例
謹厳実直な人
用例
彼の謹厳実直な性格が実は臆病さの裏返しにすぎぬことを妻に見抜かれていたからである。<加賀乙彦・制服>
類語
謹厳温厚きんげんおんこう 謹厳重厚きんげんじゅうこう 謹言慎行きんげんしんこう
活用形
〈―ナ〉

謹厳実直の解説 - 学研 四字辞典熟語

つつしみ深く、まじめで正直なさま。
注記
「謹厳」は、つつしみ深く威厳があること。「実直」は、まじめで正直なこと。また、りちぎなこと。「度が過ぎて融通がきかない」という否定的な意味合いで使われる場合もある。

謹厳実直の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]つつしみ深くまじめで正直であること。また、そのさま。「謹厳実直な勤めぶり」

キーワード[正しい言動]の四字熟語

キーワード[真面目]の四字熟語