《「御家つ子」の意か。「みやづこ」とも》古代の姓 (かばね) の一。中央にあって伴造 (とものみやつこ) としてそれぞれ品部 (しなべ) を統轄する地位にあった氏族にこの姓が多い。天武天皇八色 (やくさ) の姓制定にあたり、この姓の有力な氏族の多くは連 (むらじ) 姓を賜った。