(梵)kumbhīraの音写。鰐 (わに) の意》インドのガンジス川にすむ鰐を神格化した仏教の守護神。魚身で蛇形をし、尾に宝玉を蔵するという。十二神将宮毘羅 (くびら) 大将、十六善神の禁毘嚕 (こんぴら) と同体。航海の安全を守る神とされ、香川県の琴平に祭られている。
金刀比羅宮 (ことひらぐう) 」の異称。こんぴらさま。
(金毘羅)笙野頼子の長編小説。平成16年(2004)刊。翌平成17年(2005)、第16回伊藤整文学賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:青空文庫