• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鉄樹開花の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いつまで待っても見込みがないたとえ。また、きわめてまれなことのたとえ。また、固定していて不変と思われていたものが、実は変わることのたとえ。▽仏教語。「鉄樹」は鉄でできた木。また、広西に産し、六十年に一度、丁卯ひのとうの年にだけ花が咲くという木のこと。ありえないこと、また、めったに来るものではないことからいう。「鉄樹てつじゅはなを開ひらく」と訓読する。
出典
『五灯会元ごとうえげん』二〇

鉄樹開花の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事にまったく見込みがないこと、また、きわめてまれなことのたとえ。
注記
仏教のことば。「鉄樹」は、鉄でできた木。花が開き、果実を結ぶことなどありえないの意。また六〇年に一度、丁卯ひのとうの年にだけ花が咲くといわれる木ともいい、めったにないことの意。「鉄樹てつじゅはなを開ひらく」と読み下す。
出典
『五灯会元ごとうえげん』二〇
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。