• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

音吐朗朗の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

音声が豊かではっきりしたさま。また、音声が豊かでさわやかなさま。▽「音吐」は発声・音声、また、声の出し方をいう。「朗朗」は声が高く澄んでとおるさま。
句例
吟詠が音吐朗々として響く
用例
朝からうがいすること両三度に及び、音吐朗々、さすがの視学官殿をうんと唸うならせておったとこなんだ。<石坂洋次郎・若い人>
類語
音吐清朗おんとせいろう
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

音吐朗朗の解説 - 学研 四字熟語辞典

発声がよく、声量が豊かで声が響き渡ること。
注記
「音吐」は、発声・音声のこと。「朗朗」は、声が高く澄んでいるさま。
表記
「朗朗」を「郎郎」「浪浪」などと書きちがえない。

音吐朗朗の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]声が豊かで、よどみなくはっきりと響きわたるさま。「音吐朗朗と声明文を読み上げる」

キーワード[声]の四字熟語

goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。