• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コウジカビ科の一群の子嚢 (しのう) 菌。餅 (もち) やパンに生え、菌糸は枝分かれし、その先に放射状に胞子をつける。多くの酵素を含み、でんぷんたんぱく質などを分解するので、酒・醤油の醸造などに利用される。麹菌 (こうじきん・きくきん) 。学名、(ラテン)Aspergillus

[補説]平成18年(2006)、日本醸造学会が国菌(国を代表する菌)に認定した。

[生物/植物名]カテゴリの言葉