揚雄の解説 - 小学館 大辞泉

[前53~後18]中国、前漢の文人・思想家。成都(四川省)の人。字 (あざな) は子雲。哲学的著作として「易経」に擬した「太玄経 (たいげんきょう) 」、「論語」を模した「揚子法言」がある。一方、辞賦をよくし「甘泉賦」「羽猟賦」などを残したほか、当時の各地方の方言を集めた「揚子方言」などもある。楊雄。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉