提婆達多の解説 - 小学館 大辞泉

(梵)Devadattaの音写》釈迦の従兄。釈迦の弟子となったが、のちに背き、阿闍世 (あじゃせ) 王をそそのかして師を殺害しようとして失敗。天授。
《「デーバダッタ」と読む》中勘助の小説。大正10年(1921)、那珂の筆名で刊行。を主人公に、嫉妬に狂う愚かな人間の悲哀を描く。