• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

酒井抱一の解説 - 小学館 大辞泉

[1761~1829]江戸後期の画家。江戸の人。名は忠因 (ただなお) 。通称栄八。別号、鶯村 (おうそん) 。姫路城主酒井忠以 (さかいただざね) の弟。尾形光琳 (おがたこうりん) に傾倒。琳派の画風に繊細な叙情性を加味し、同派の最後を飾った。俳諧・和歌・書などにも長じた。作「夏秋草図屏風」。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉