金時の解説 - 小学館 大辞泉

源頼光四天王の一人、坂田金時のこと。幼名は金太郎
  1. 金太郎をかたどった人形。

  1. が赤ら顔であるところから》顔の赤い人。

  1. 甘く煮た小豆の上に、細かく削った氷を盛った食べ物。氷あずき。氷金時。

  1. 《「金時芋」の略》川越芋の別名。

  1. 金時豆」の略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース