• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おお‐はらえ〔おほはらへ〕【大×祓】 の意味

  1. 毎年、6月と12月のみそかに、諸人の罪やけがれをはらい清めるため、宮中や神社で行われる神事。6月を夏越 (なごし) の祓 (はらえ) ・夏祓、12月を年越しの祓という。古くは、朱雀門 (すざくもん) 前で、親王・大臣をはじめ百官を集めて行われ、大嘗祭 (だいじょうさい) や疫病流行などのときには臨時に行われた。中臣 (なかとみ) の祓。おおはらい。 夏・冬》

おお‐はらえ〔おほはらへ〕【大×祓】の慣用句

  1. おおはらえのことば【大祓の詞】