出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 物事が行われる際の一定の順序。「式の次第を書き出す」

  1. 今まで経過してきた状態。なりゆき。「事の次第を話す」

  1. 物事の、そうなるに至った理由。わけ。事情。「そんな次第で明日は伺えない」

  1. 狂言の構成部分の一。七・五、返句、七・四の3句からなる拍子に合った謡。シテワキなどの登場第一声として、また曲舞 (くせまい) 乱拍子の序歌としても謡われる。

  1. 能や狂言で、シテ・ワキなどの登場に用いる囃子事 (はやしごと) 。大鼓・小鼓に笛があしらい、続いて4が謡われる。

  1. 歌舞伎囃子 (ばやし) の一。5を取り入れたもので、能がかりの登場音楽として用いるほか、「関の扉 (と) 」などの幕開きにも奏する。

[接尾]
  1. 名詞に付いて、その人の意向、またはその事物の事情のいかんによるという意を表す。「あなた次第でどうともなる」「この世はすべて金次第」

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作が行われるままにという意を表す。「手当たり次第に投げつける」「望み次第に買い与える」

  1. 動詞の連用形または動作性の名詞に付いて、その動作がすむと直ちにという意を表す。「満員になり次第締め切る」「本が到着次第送金する」

出典:青空文庫

出典:gooニュース