• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

平凡(へいぼん)/ありきたり/並(なみ)/凡俗(ぼんぞく)/俗(ぞく)

ブックマークへ登録
関連語
ありふれる
  1. [共通する意味]
      ★その他大多数の事物と、たいした違いのないこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔平凡〕(名・形動)
    • 〔ありきたり〕(名・形動)
    • 〔凡俗〕(名・形動)
    • 〔俗〕(名・形動)
  1. [使い分け]
    • 【1】「並」は、特にその他大多数と同様で、良くも悪くもないという意味で使われるが、他は、マイナスの評価として使用されることが多い。[英]common
    • 【2】「平凡」「ありきたり」は、その他大多数と大差がなく、目立たなく、おもしろみのないこと。[英]homely
    • 【3】「凡俗」「俗」は、単に、その他大多数と大差ないことを表わすだけでなく、やや下等である意を含む。また、「凡俗」は、そういう人間のこともいう。[英]vulgar
  1. [反対語]
      ▼平凡⇔非凡
  1. [関連語]
    • (ありふれる) (ラ下一)どこにでもある。「ありふれた」「ありふれている」の形で用いられる。「ありふれた話」「そんな話はありふれている」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …人物発想が…でない人…一生を送る天丼の…
    平凡-な○-な○
    ありきたり-な○-の○
    -の○-の△
    凡俗-な○-な-
    -な○-な-
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

平凡の類語

  • 特殊の区分、階級または地位がある; 一般的に出会った の意
  • 人々の大きな集団に関するまたはそれの の意
  • 特に質、能力、大きさまたは度合において例外的ではない の意
  • 例外的な性質や能力が欠けているさま の意
  • 顕著また固有の特徴の欠如; 無味乾燥でつまらない の意
  • たいてい見つけられる の意
  • 余りに頻繁に繰り返される; 酷使して馴染みすぎた の意
  • 鈍くてうんざりするような、しかし意味のあるいは起源の独創性はある の意
  • 些細な事柄に関心を持つ の意
  • 品質において下位に加減する の意
  • 平均的で突出していない結果としての平凡さ の意
  • 品と優雅さに欠ける性質 の意
  • 予想しうる状況、あるいは平凡な状況、状態 の意

の類語

  • 順々に後ろに並ぶ人や物の編成 の意
  • 長い連続した一片(通常、水平に走る) の意
  • 両極端の中間の状態; 中位 の意
  • 予想しうる状況、あるいは平凡な状況、状態 の意

凡俗の類語

  • 特に質、能力、大きさまたは度合において例外的ではない の意
  • 余りに頻繁に繰り返される; 酷使して馴染みすぎた の意
  • 品質において下位に加減する の意
  • 平均的で突出していない結果としての平凡さ の意

の類語

  • 活動や行動の習慣的な様式 の意
  • よく遭遇する の意
  • 下品な敬意、あるいは道徳の欠落があること、あるいは示すさま の意
  • 人々の大きな集団に関するまたはそれの の意
  • 品と優雅さに欠ける性質 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。