• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

低俗(ていぞく)/俗悪(ぞくあく)/卑俗(ひぞく)/野卑(やひ)/下劣(げれつ)/通俗(つうぞく)

関連語
(ぞく)
俗っぽい(ぞくっぽい)
くだらない
げす
  1. [共通する意味]
      ★程度が低く、下品なさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔低俗〕(名・形動)
      ▽彼は低俗な人間だ
      低俗な映画
    • 〔俗悪〕(名・形動)
      俗悪な読み物
      俗悪に堕する
    • 〔卑俗〕(名・形動)
      卑俗な笑い
      卑俗に流れる
    • 〔野卑〕(名・形動)
      野卑な音楽
      野卑で聞くに耐えない話
    • 〔下劣〕(名・形動)
      下劣な行為
      下劣な根性
    • 〔通俗〕(名・形動)
      通俗な読み物
      通俗小説
  1. [使い分け]
    • 【1】「低俗」が最も一般的に使われる。「低俗」「俗悪」「卑俗」「野卑」「下劣」は、ただ喜ばれることを目的としたもので、なんの価値もなく、低級であるさま。「通俗」も、また興味本位であるさまだが、専門的でなく、だれにも分かるさまをいう。
    • 【2】「卑俗」「野卑」は、文章語。「卑俗」は「鄙俗」、「野卑」は「野鄙」とも書く。
  1. [反対語]
      ▼低俗・通俗⇔高尚
  1. [関連語]
    • (俗) (名・形動)卑しくて品がないさま。「俗な言葉」「俗な話題」
    • (俗っぽい) (形)いかにもありきたりで品がないさま。「俗っぽいせりふ」「俗っぽい趣味」
    • (くだらない) (形)内容に乏しく、取り上げる価値がない。「くだらない話」「くだらないことで喧嘩(けんか)なんかするな」
    • (げす) (名・形動)品性が下劣であること。身分の卑しい人をもいう。「下衆」「下種」「下司」とも書く。「げすな考え」「げす野郎」「げすの勘ぐり」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    趣味が…だ…な言葉…な番組
    低俗
    俗悪
    卑俗
    野卑
    下劣
    通俗
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

低俗の類語

  • 目だって、無味乾燥に下品な の意
  • 上品さ、教養、あるいは趣がないさま の意

野卑の類語

  • 目だって、無味乾燥に下品な の意
  • 上品さ、教養、あるいは趣がないさま の意

下劣の類語

  • 不潔であるかむさ苦しい様で の意
  • 最も卑しい種類の の意
  • 道徳的に非難されるべき の意
  • 不潔な; 卑劣な の意
  • 下品な敬意、あるいは道徳の欠落があること、あるいは示すさま の意
  • 性質が洗練されてない の意
  • 道徳的に堕落した の意
  • 倫理であるか道徳的な原則を厳守しないさま の意
  • 社会的地位または質において低いまたは劣る の意

通俗の類語

  • 特に質、能力、大きさまたは度合において例外的ではない の意
  • 例外的な性質や能力が欠けているさま の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi