長崎県壱岐の小崎で、社寺出費村税などに当てる目的で、浦全体の家が共同で1日ないし数日間磯物採りなどの漁を行う習慣

[名](スル)独りで座っていること。独座
[名](スル)両足を組んで座ること。また、その座り方。あぐら。

沖縄県、沖縄島中部にあった市。第二次大戦後に占領した米軍がキャンプコザと呼称昭和31年(1956)6月に越来村 (ごえくそん) をコザ村と改称同年7月に市制昭和49年(1974)美里村と合併して沖縄市と改称。胡差。→沖縄

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。