史実に題材を求めた劇。歴史劇。

[名](スル)
  1. 武器で刺したり打ったりすること。

  1. 刺激 (しげき) 」に同じ。

    1. 「此時に当って横合より国民の思想を―し」〈透谷・明治文学管見〉

[名](スル)
  1. 生体に作用してなんらかの現象や反応を起こさせること。特に、知覚や感覚に作用して反応を起こさせること。また、その原因となるもの。「学習意欲を―する」「都会は―が強い」

  1. 物事の動きを活発にさせるきっかけとして、外から作用すること。また、そのもの。「景気を―する」

詩の形式で書かれた劇。韻文劇。広義には詩的内容と情緒をもつ劇も含める。

生い茂った木。

「霧りふたがりて、道も見えぬ―の中を分け給ふに」〈・橋姫〉