• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

」の濁音。両唇破裂音の有声子音[b]と母音[a]とから成る音節。[ba]

[名]
  1. 物や身を置く所。場所。「足の踏み場がない」

  1. ある事が行われる所。「仕事の場」「場を外す」「その場に居合わせる」

  1. ある事が行われている所の状況。また、その雰囲気。「その場でとっさに答える」「場が白ける」「場をもたせる」

  1. 機会。折り。「話し合いの場をもつ」「場を踏んでなれている」

  1. 芝居や映画などの場面。特に舞台で、一幕のうち、舞台情景を変化させず、同じ場面で終始する一区切りの部分。「源氏店 (げんじだな) の場」

  1. 花札トランプなどのゲームで、札を積んだり並べたりしてゲームを進めていく所。また、マージャンで、東西南北の局面。

  1. 取引所内の売買をする所。立会場のこと。「場が立つ」

  1. ゲシュタルト心理学で、行動や反応のしかたに直接影響し関係する環境や条件。「場の心理学」

  1. 物理学で、そのものの力が周囲に及んでいると考えられる空間。電磁場重力場など。

[接尾]助数詞。演劇で、一幕のうちで一区切りのつく場面を数えるのに用いる。「二幕三場」
[接助]
  1. 口語では活用語の仮定形、文語では活用語の未然形に付く。未成立の事柄を成立したものと仮定する条件を表す。もし…ならば。「暇ができれば行く」「雨天ならば中止する」

    1. 「名にし負は―いざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」〈伊勢・九〉

  1. 口語では活用語の仮定形、文語では活用語の已然形に付く。

    1. ㋐ある事態・ある条件のもとでは、いつもある事柄の起こる場合の条件を表す。…すると必ず。…するときはいつも。「当地も、四月中旬になれば桜が咲きます」「このボタンを押せば戸が開きます」

      「家にあれ―笥 (け) に盛る飯 (いひ) を草枕旅にしあれば椎 (しひ) の葉に盛る」〈・一四二〉

    2. ㋑ある事態・結果に気づくきっかけとなった動作・作用を表す。…したところが。「ふと見れば西空は夕焼けだった」「思えば悲しい出来事だった」

      「それを見れ―、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり」〈竹取

    1. ㋐(口語で仮定形に付いて)共存する事柄を並列・列挙する意を表す。「野球もすればテニスもする」「きれいな空もあれば澄んだ空気もある」

    2. ㋑話題となっている事柄の前提を表す。「ニュースによれば、またドルが下がったようだ」「簡単にいえば、世代の違いということだ」

    3. ㋒(「…ば…ほど」の形で用いる)…するといっそうの意を表す。「見れば見るほど美しい」「読めば読むほどおもしろい」

  1. 文語で已然形に付く。

    1. ㋐原因・理由となる条件を示す。…ので。…だから。

      「大人になりにけれ―、をとこも女も恥ぢかはしてありけれど」〈伊勢・二三〉

    2. ㋑二つの事態を対照的に表す。

      「鏑 (かぶら) は海へ入りけれ―、扇は空へぞあがりける」〈平家・一一〉

  1. (多くは打消しの助動詞「ず」の已然形「ね」に付いて)逆接の確定条件を表す。…のに。

    1. 「我がやどの萩の下葉は秋風もいまだ吹かね―かくそもみてる(=コウモ色ヅイテイル)」〈・一六二八〉

[補説]1は係助詞「は」に由来するといわれる。口語でも「御意見あらばうけたまわりましょう」のように文語的表現には未然形に付いて用いられる。なお、近世、形容詞の連用形や打消しの助動詞「ず」に付く係助詞「は」を接続助詞「ば」と解して仮定条件を表すこともあった。4㋑は中世の用法。
[係助][係助詞]
[接尾]わ(羽)」に同じ。「すずめ三羽」
[接尾]わ(把)」に同じ。「ねぎ三把」

フィジー諸島、ビチレブ島北西部の都市。同島北部の中心地であり、インド系住民が多く居住。周辺ではサトウキビの栽培が盛ん。製糖工場やイスラム寺院がある。