アジ科の海水魚。全長約1.5メートル。体は紡錘形でやや側扁し、背は暗青色、腹は白色で、体側中央に不明瞭な黄色の縦帯が走る。温帯性の回遊魚で、夏季に日本の沿岸沿いに北上し、冬季に南下する。出世魚で、順に、関東ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ、関西ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリとよぶ。定置網や1本釣りで漁獲され、食用。 冬》「―あげ場裸灯 (はだかび) をどる男の肩/綾子」

[語素]

  1. 名詞、動詞の連用形に付いて、その物事の状態やようす・ありかたなどの意を表す。語調を強めるとき、「っぷり」の形になることがある。「枝―」「仕事―」「話し―」「男っぷり」「飲みっぷり」

  1. 時間を表す語に付いて、再び同じ状態が現れるまでに、それだけの時間が経過した意を表す。「十年―に日本の土を踏む」「しばらく―に映画を見た」

  1. 数量を表す語に付いて、それに相当する分量があることを表す。「二人―の米」「小―の茶碗」

  1. 名詞または名詞に準じる語に付いて、曲節・調子の意を表す。「声 (こわ) ―」「ますらお―」

  1. 古代歌謡、特に雅楽寮に伝わる歌曲の曲名を表す。「天田 (あまだ) ―」

出典:青空文庫

出典:gooニュース