1. 庶民着用の衣服。また、官服に対して、平服。転じて、平民のこと。

    1. 「流石 (さすが) に淮西 (わいせい) の一―より起って」〈露伴運命

  1. 狩衣 (かりぎぬ) のこと。初め布製、平安時代以後は狩衣一般、特に無文の狩衣をさした。また、それを着る六位以下の身分の者。

  1. 江戸時代、武士の大紋に次ぐ4番目の礼服。また、それを着る御目見 (おめみえ) 以上の身分の者。

《「ほんい」の撥音の無表記》本来の望み。本当の考え。

「かの世にても、いま一度あひ見むと思ふ―侍れば」〈宇津保・忠こそ〉

もれたりした事柄をあとからおぎない加えること。また、そのもの。「全集の補遺編」

[感]

  1. 物を担いだり、動かしたり、手渡したりするときの掛け声。「えっさほいさっさ」

  1. 気安く引き受けるときに発する声。「ほいきた、どっこい」

  1. 失敗や落ち度に気づいたときに発する語。

    1. 「そんなら俺が矢ではなかったか。―」〈伎・小袖曽我

  1. 軽く応答するときに発する語。

    1. 「『あい、まだ遣ひやせん』『―、あの儘 (まんま) か』」〈滑・浮世床・初〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース