• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《主の歌の意》ヒンズー教の聖典の一。クリシュナに化身したビシュヌ神への信愛 (バクテイ) を説く宗教哲学詩。大叙事詩「マハーバーラタ」の一部をなす。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉