• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

11月の最初の酉の日。また、その日に開かれる鷲 (おおとり) 神社の祭礼。酉の市。初酉 (はつとり) 。 冬》「灯の渦をぬければ星夜―/白葉女」→酉の市

[補説]書名別項。→一の酉

武田麟太郎の短編小説。昭和10年(1935)12月「改造」誌に発表。