• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一分一厘の解説 - 学研 四字熟語辞典

ごくわずかであること。少しも。
注記
「分」も「厘」も、昔の貨幣などの単位で、きわめて小さい数の意。後に打消の語を伴って副詞として用いる。
表記
「分」を「部」と書きちがえない。
用例
第一に其鼻下の八字髯が極めて光澤が無い、これは其人物に一分一厘の活氣もない證據だ。〈石川啄木・雲は天才である〉

キーワード[数量]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。