1. かみと、しも。うえの部分と、したの部分。身分の上位と下位、川上と川下、上半身と下半身、舞台の上手と下手、上の句と下の句など。

    1. 「大井川かはのしがらみ―に千鳥しば鳴く夜ぞふけにける」〈夫木・一七〉

  1. いろいろな事。諸事。

    1. 「殿の事とり行ふべき―定めおかせ給ふ」〈・須磨〉

  1. 衣服のうえと、した。また、それが対をなす衣服。

    1. ㋐上代、上着と袴 (はかま) 。

      「此の嬢子 (をとめ) を得ることあらば、―の衣服を避 (さ) り」〈・中〉

    2. ㋑平安時代から室町時代にかけて、狩衣 (かりぎぬ) 水干直垂 (ひたたれ) 素襖 (すおう) などの上着と袴とが同じ地質と染め色のもの。

      「浅黄の―着たる翁の」〈宇治拾遺・一二〉

    3. ㋒(「裃」とも書く)江戸時代の武士の礼装・正装。肩衣 (かたぎぬ) と、同じ地質と染め色の、わきの広くあいた袴とからなり、紋付きの熨斗目 (のしめ) または小袖の上に着る。麻上下を正式とし、長上下と半上下の別がある。のち、半上下は庶民にも公務や冠婚葬祭などには着用が許された。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース