不偏不党の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

いずれの主義や党派にも加わらないこと。偏ることなく、公正・中立な立場をとること。▽「偏」はかたよる意。「不偏」は偏らないこと。公正であること。「不党」は仲間や党派に加わらないこと。
出典
『墨子ぼくし』兼愛けんあい
句例
不偏不党の立場を守る
用例
さてその不偏不党とは口でこそ言え、口に言いながら心に偏する所があって、<福沢諭吉・福翁自伝>
類語
無私無偏むしむへん 無偏無党むへんむとう

不偏不党の解説 - 学研 四字辞典熟語

考え方が特定の主義や思想にかたよらず、またいずれの党派にも属さず、公正・中立の立場をとること。
注記
「不偏」は、かたよらないこと。「不党」は、一方だけに味方しないこと。どの党派にも属さないこと。「偏へんせず党とうせず」と読み下す。
出典
『墨子ぼくし』兼愛けんあい
類語
無私無偏むしむへん

不偏不党の解説 - 小学館 大辞泉

いずれの党派・主義にもかたよらず、公平・中立の立場をとること。

キーワード[公平/不公平]の四字熟語

出典:青空文庫