不得要領の解説 - 学研 四字熟語辞典

話の要点がはっきりせず、何を言いたいのかよくわからないこと。
注記
「要領」は、着物の腰と襟えりの部分。転じて、物事の要かなめとなる箇所。「要領ようりょうを得ず」と読み下す。
用例
先生の談話は時として不得要領に終った。〈夏目漱石・こころ〉

不得要領の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[名・形動]要領を得ないこと。要点がはっきりしないこと。また、そのさま。「—な返事

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月