• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不愧天地の解説 - 学研 四字辞典熟語

心や行いに、はずかしく気がひけるところのないこと。生き方にやましさがないこと。
注記
「仰あおぎて天に愧じず、俯して人にはじず(仰ぎ見て天の神々に、うつむいて地上の人々に恥じない)」の略。「天地てんちに愧じず」と読み下す。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん・上
用例
私は当時「正直しょうじき」の二字を理想として、俯仰天地に愧じざる生活をしたいという考えを有っていた。〈二葉亭四迷・予が半生の懺悔〉

キーワード[正しい言動]の四字熟語