• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

勢力伯仲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

互いの力が釣り合っていて、優劣がつけにくいこと。▽「伯」は長兄、「仲」は次兄のことで、「伯仲」はお互い格別の違いがなく、よく似ていて力などが釣り合っている意。
句例
勢力伯仲して決着がつかない
用例
昨年の夏以来大乱に至ったこと、そして両陣の勢力伯仲して、争乱は長くつづくであろうこと、<唐木順三・応仁四話>
類語
伯仲之間はくちゅうのかん
活用形
〈―スル〉

勢力伯仲の解説 - 学研 四字辞典熟語

勢いや力が二者の間で拮抗きっこうしていること。二者間で力の差がほとんどなく、優劣をつけがたいこと。
注記
「伯仲」は、兄弟。歳の差が少ない長兄と次兄のこと。転じて、きわめてよく似ていて優劣がないこと。男子の年齢の順序は「伯仲叔季しゅくき」で表す。

キーワード[懸隔・差異]の四字熟語