• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

危言危行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

言語や行いを厳しくすること。また、言行を清く正しく保つこと。▽「危」は前者のとき、言動を厳しくして俗に従わない、また、厳正にする意。後者のとき、高くする、正しく気高くする意。よって前者は「言げんを危はげしくし行おこないを危はげしくす」、後者は「言げんを危たかくし行おこないを危たかくす」と訓読する。別な訓読もある。
出典
『論語ろんご』憲問けんもん。「子いわく、邦くにに道有らば言を危はげしくし行いを危しくす。邦に道無ければ行いを危しくして言は孫したがう」(先生が言われた、国に正しい道が行われていれば、言語を厳しくし行いも厳しくし、国に正しい道が行われていなければ、行いは厳しくしても言葉は害に遭わないように穏やかにする)

危言危行の解説 - 学研 四字辞典熟語

ことばや行動を正しくすること。
注記
「危」は、厳しくすること。また、正しくすること。出典の「子いわく、邦くにに道有らば言を危はげしくし行いを危しくす。邦に道無ければ行いを危しくして言は孫したがう」による。
表記
「奇言奇行」と書きちがえない。
出典
『論語ろんご』憲問けんもん

キーワード[正しい言動]の四字熟語