• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃傾城反魂香 (けいせいはんごんこう) 」に登場する絵師。死を決して自画像を石の手水鉢 (ちょうずばち) に描くと、画像が裏へ抜け出る奇跡が起こる。その功で、土佐の名字を許される。吃又。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉