• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

炉や火鉢などの灰にうずめた炭火。いけ火。 冬》「―もきゆやなみだの烹 (にゆ) る音/芭蕉

[補説]書名別項。→埋み火

杉本苑子の長編小説。副題「近松門左衛門の生涯」。昭和49年(1974)、上下2巻で刊行。