《古くは「だいぢ」》天に対する、地。また、広大な土地。「—の恵み」「緑の—」

[補説]作品名・人工衛星は別項。→大地(作品名) →だいち(人工衛星)
原題The Good Earthパール=バックの長編小説。1931年刊。1932年刊息子たち」、1935年刊分裂した家」とともに三部作「大地の家」を構成し、貧農の身から大地主になった王竜 (ワンロン) とその一家の3代にわたる歴史を描く。
原題(フランス)La Terreゾラの長編小説。1887年刊。連作小説群「ルーゴンマッカール叢書」の第15巻にあたる。
原題(イタリア)La Terraアルチンボルド絵画。「四大元素」と総称される寄せ絵連作の一。板に油彩。縦70センチ、横49センチ。1566年制作。ウマ、ライオン、羊など、さまざまな動物構成される。

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月