[名](スル)《「しんばん」とも》
  1. 物事是非適否優劣などを判定すること。「国民の—を受ける」

  1. ある事件審理し、その正否判断裁決をすること。

    1. 訴訟における審理裁判

    2. 家庭裁判所家事事件または少年事件について行う手続き。

    3. ㋒「行政審判」の略。「—請求

  1. 運動競技などで、技の優劣反則有無勝敗などを判定すること。また、その役。

  1. キリスト教で、神がこの世を裁くこと。「最後の—」

[補説]書名別項。→審判

原題(ドイツ)Der Prozeßカフカの長編小説。未完。1925年に遺稿として刊行された。銀行員ヨーゼフ=Kが、理由もわからないまま逮捕起訴され、死刑になるまでを描いた不条理小説。題名は、編者のマックス=ブロートが生前の著者との会話に基いてつけたもの。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月