1. 小さな車。また、車、特に牛車 (ぎっしゃ) をいう。

    1. 「思ひまはせば―のわづかなりける憂き世かな」〈閑吟集

  1. キク科の多年草。湿地に生え、高さ30~60センチ。地下茎で繁殖。葉は互生し、堅い。夏から秋、黄色い頭状花を開く。のぐるま。かまつぼぐさ。 秋》「―や何菊と名の付くべきを/越人

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫