《「ぎぼうしゅ」の音変化》

  1. ぎぼし(擬宝珠)1」に同じ。

  1. ユリ科ギボウシ属の多年草の総称。山地に生え、葉は根際から群がり出る。夏、花茎の上部に紫色または白色の漏斗状の花を総状につける。日本から中国にかけて分布。オオバギボウシ・コバノギボウシなどがあり、園芸品種は多い。ぎぼし。 夏》

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:青空文庫