• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

19世紀末から20世紀初頭、自然主義写実主義に対抗してドイツ・オーストリアを中心に興った文芸思潮。芸術至上主義的・耽美主義的・神秘主義的傾向を帯び、主体的・内発的な心情の復権を唱えた。メーテルリンクホフマンスタールゲオルゲリルケらがその代表。日本では明治末期から大正初期にかけての、北原白秋木下杢太郎 (きのしたもくたろう) 吉井勇永井荷風谷崎潤一郎らの耽美主義的傾向をさす。新浪漫主義。ネオ‐ロマンチシズム。

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉