1. 《木を吹き枯らすものの意》秋の末から冬の初めにかけて吹く強く冷たい風。 冬》「海に出て―帰るところなし/誓子

  1. すりこぎをいう近世女性語。

[補説]「凩」は国字。
[補説]作品名別項。→木枯らし

《原題、Winter Windショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品25)」の第11番の通称。イ短調。別邦題「木枯らしのエチュード」。

出典:青空文庫