1. カキノキ科の落葉高木。また、その実。山地に自生するが、古くから栽培される。よく分枝し、葉は短楕円形で先がとがり、光沢がある。秋に紅葉する。初夏に白い雌花と雄花とが咲き、秋に黄赤色の実を結ぶ。実には萼 (がく) が残ってつく。品種も多く、甘柿には富有次郎御所など、渋柿には平核無 (ひらたねなし) ・西条などがあり、実を生または干して食べる。材は家具などに用いる。 花=夏 実=秋》「―くへば鐘が鳴るなり法隆寺/子規

  1. 柿色」の略。

  1. 柿色の布子 (ぬのこ) 。かきそ。