• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桂冠詩人の解説 - 学研 四字熟語辞典

イギリスで国王から任命され、王室のために慶弔に詩を作ることを義務とした詩人現在慶弔に詩を作ることは任意となり、終身年俸が与えられる。
注記
詩人としては最高の称号で、大変名誉なこととされる。「桂冠」は、「月桂冠げっけいかん」の略で、月桂樹げっけいじゅの枝葉で作った冠かんむりのこと。古代ギリシアで英雄やすぐれた詩人に月桂冠を与えたことから。中世イタリアではペトラルカ、近世イギリスではワーズワース、テニアンらがこの称号を受けた。
用例
桂冠詩人としての日本武尊だの、万葉の歌人たち、或いは恋愛の女詩人和泉式部の再発見という風に進んだ。〈宮本百合子・戦争はわたしたちからすべてを奪う〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。