• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桂冠詩人の解説 - 学研 四字熟語辞典

イギリスで国王から任命され、王室のために慶弔に詩を作ることを義務とした詩人。現在は慶弔に詩を作ることは任意となり、終身年俸が与えられる。
注記
詩人としては最高の称号で、大変名誉なこととされる。「桂冠」は、「月桂冠げっけいかん」の略で、月桂樹げっけいじゅの枝葉で作った冠かんむりのこと。古代ギリシアで英雄やすぐれた詩人に月桂冠を与えたことから。中世イタリアではペトラルカ、近世イギリスではワーズワース、テニアンらがこの称号を受けた。
用例
桂冠詩人としての日本武尊だの、万葉の歌人たち、或いは恋愛の女詩人和泉式部の再発見という風に進んだ。〈宮本百合子・戦争はわたしたちからすべてを奪う〉

キーワード[詩歌]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。