• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桂林一枝の解説 - 学研 四字熟語辞典

①人柄が立派ですぐれていることのたとえ。自分の出世を謙遜していうことば。②科挙(官吏登用試験)に及第することを謙遜していうことば。③自分の出世にまだ満足していないことのたとえ。④容易に得がたい人物や出来事のたとえ。⑤高潔で世俗から離れた人物のたとえ。
注記
かつらの林の中のわずか一本の枝であるという意から。なお、「桂林」には、文官または文人の意もある。②は「折桂せっけい」ともいう。
故事
①中国晋しんの時代、郤詵げきしんが、雍州刺史ようしゅうししという地方長官に任命されたときに、武帝にどんな気持ちかとたずねられて「これは桂林の一枝ひとえだ、崑崙山こんろんさんの美しい玉の一つを手に入れたにすぎません」と答えたという。
出典
①『晋書しんじょ』郤詵げきしん
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。