• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

淫祠邪教の解説 - 学研 四字辞典熟語

邪神をまつるほこらと邪悪な宗教。人心を惑わすとされる異端の宗教。
注記
「祠」は、神をまつる小さなやしろ。
用例
その布教の本体はと云えば、いつもながら、淫祠いんし邪教にはつきものの催眠宗教であって、わけても、当局の指弾をうけた点というのが、一つあった。〈小栗虫太郎・白蟻〉

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語