キシメジ科のキノコ。コナラなどの林に生え、白または灰色で傘の直径約6センチ、柄の高さ約9センチ。いくつも密着して発生することが多いのでセンボンシメジともいうが、柄の部分が多数合体している別種もあり、区別するためホンシメジともよぶ。「香りマツタケ、味シメジ」といわれるように、味がよく、代表的な食用キノコ。 秋》「麁朶 (そだ) を負ひ―の籠をくくり下げ/虚子

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫