• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狷介不羈の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分の意志を固く守って、何者にも束縛されないこと。
注記
「狷介」は、自分の意志を曲げず、かたくなであるさま。「羈」は、束縛する意。「不羈」は、束縛できないこと、また、束縛しないこと。
用例
つるぎにかけては狷介不羈な左膳、覆面の底で、しんから嬉うれしそうににたりとする。〈林不忘・丹下左膳 乾雲坤竜の巻〉

キーワード[がんこ]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。