• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狷介固陋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

かたくなに自分の意志を守って、人のことを受け入れないさま。また、かたくなで頑固なさま。▽「狷介」は自分を固く守って妥協しないさま。「固陋」は自分の狭い視野にとらわれてかたくななさま。
句例
狷介固陋な性質
類語
頑迷固陋がんめいころう 狷介孤高けんかいここう 狷介孤独けんかいこどく 狷介不屈けんかいふくつ 孤独狷介こどくけんかい 風岸孤峭ふうがんこしょう
活用形
〈―ナ〉

狷介固陋の解説 - 学研 四字辞典熟語

自分の意志を固く守って妥協せず、他人を受け入れないさま。また、自分の意志や流儀をかたくなに通して、がんこなさま。
注記
「狷介」は、自分の意志を曲げず、かたくなであるさま。「固陋」は、考えが古めかしく、新しいものを受け入れようとしないさま。
類語
頑迷固陋がんめいころう 狷介孤高けんかいここう

[さまざまな状態を表す/保守的]カテゴリの四字熟語

キーワード[がんこ]の四字熟語