• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

社燕秋鴻の解説 - 学研 四字熟語辞典

出会ったばかりですぐに別れてしまうこと。ほんの一瞬、出会うこと。
注記
「社燕」は、ツバメ。「社」は、春と秋の社日しゃにち(立春・立冬から数えて五番目の戊つちのえの日)のこと。ツバメはこれらの日に来て去るといわれることから。「鴻」は、秋に飛来し春先に立つ雁かりのこと。両方の渡り鳥が、春と秋に入れ違いで見られることから、短い出会いをいう。
出典
蘇軾そしょく「陳睦ちんぼく潭州たんしゅうに知たるを送るの詩」
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。